蒼月るちるの雑多ブログ

〜Twitterみたいに〜

私の中に広がった波紋

 

ファンの方に対して

今までと変わらない応援をしてあげて!

という思いが一番強くあって

また、自分に重ねた部分もあるのだろうと…

それは痛いほど分かるし

色々と伝えたくなるのも分かる。

けど、なんだか

やり過ぎ感を覚えてしまって…

 

(しーらんのように

サラッと名前を出しつつも

何も語らずしてファンも引っ括めて

励ますというスマートすぎる技を

見ていた影響もあるとは思います…)

 

 

今回のブログ記事も

ファンの方の励ましになったのは

理解してますし、そこは

悪いとは全く思っていません。

 

ただ…

 

マギーが専科に移るに至った経緯と

愛ちゃんが専科に移る経緯は

まるっと同じかもしれないし

はたまた全く違うかもしれない。

 

 

(ちょっと毒づくとすれば

バリバリのスター路線と

別格スター路線とで、すでに

状況は違うような気がするので…)

 

 

それと、一番気になったのは…

たとえ愛ちゃんがマギーに

相談なり報告なりをしていたとしても

 

ああいった形で記事に取り上げられる事

名前を出されることを、本人の

愛ちゃんはどう思うのだろう、と…

 

文中にあった

『人は見たいようにしか人を見ない』

これって感じ方も考え方も

人それぞれ違うから出てくる事であって

 

愛ちゃんの“本当の気持ち”は

愛ちゃん本人にしか分からないモノ。

 

似たような立場なり状況なりを経験して

さらに同じ答えを選んでいても

その答えを出すまでに考えたことや

悩んだこと、気持ちまでもが同じなんて

無いと思うんですよね。

 

ファンの方に「専科は悪い場所じゃない」

「学びの場」だからって励ますのは

スゴく素敵だなって思います!

 

でも、愛ちゃんを励ますのは

ああいった場では、どうなのかな?と…

波紋を広げかねない気がしてしまって。

 

 

愛ちゃんは、果たして

ああして記事にされることを望んでいたのか…

それがスゴく気に掛かります。

 

 

あくまで、タイトルの通り

私の中に“勝手に”広がった波紋を

書いたものなので、たぶん

気分を害する方が多いと思います。

が!本当にこれは私個人の考え方による

気持ちの揺らぎなので…ご了承ください。

 

 

書きながら思ったことは

今の専科の在り方にも

多分に問題があるんだろうな、と。

ダンス専科、芝居専科、日舞専科なんて

専科内でさらに分かれてた時代が過ぎ

一時期の「新専科」なんていう

不思議な制度があった時期もあり

更には路線か別格かを揺らいでるスターを

専科に…なんていう“やり方”が

今の『専科』の立ち位置の曖昧さというか

不明確さや、イヤな混乱を招く《 場 》に

なったのではないかと。

 

 

因みに、私は

愛ちゃんはみっちゃんのように

活躍してくれるだろう!と期待してる派です。