蒼月るちるの雑多ブログ

〜Twitterみたいに〜

父との繋がり

 

父が亡くなって

もう少しで8年が経つ。

 

 

私は自他ともに認める母親似で

小さい頃から『お母さんにそっくり』

としか言われたことがなかった。

 

もちろん外見だけでも

細かいところで

「ここは父親からだなぁ」と

思うところはちらほらとあるのだけど

パッと見やら雰囲気やらは

どうにもこうにも母親似で(笑)

 

そんな中で一度だけ

『父にそっくり』と言われた時がある。

 

奇しくも、それは

父の葬儀でのことだった。

 

 

 

有り難いことに

会社の方たちが大勢ご列席くださり

母と二人、ちょっと呆然としたほど…

 

母と私と忙しく動く中で

最後まで残ってくださっていた

父と同じ部署の方たち。

 

たまたま部屋に

私とその部署の方たちだけになった時

向こうから話し掛けてきてくださった。

 

『〇〇さんの娘さんですか?』(〇〇は名字)

 

喪主はもちろん母なのだけど

私も施主として腰に喪章を着けていたので

話し掛けてくださったのだと

最初は思っていた。

 

父の部下で大変お世話になった…

厳しいが優しく、よく笑ってた…と

 

家に居るときはとことん厳しく

あまり笑わない人だったので

父の意外な一面を垣間見た気がして

驚きと嬉しさと、切ない思いで

心が一瞬でいっぱいになり

涙が出そうになった。

 

でも、その時はグッと堪えた。

 

列席いただいたこと、お話くださったこと

全て含め、ただただ

『ありがとうございます。』と

言うことしか出来なくて…

 

そしたら、ふと

『やっぱり…笑った顔が〇〇さんそっくり』

 

なんだか、すごく嬉しいけど

初めてのことに照れくさくなった(笑)

 

それに、今度は本気で泣きそうになった。

 

初めて父に似ていると言われた…

父の、葬儀で…

 

喜びと悲しみが一気に押し寄せる。

 

 

後から思えば『やっぱり』という言葉から

似ているから声を掛けてくれたのだと

思えなくもない。

 

(細身の父とは体型が違いすぎるけど)

なんだ、顔は似てたりするのか…と

なんだか父を近く感じた。

 

 

今も、父ともっともっと

仲良くしていれば良かった。とか

たくさん話をしておけば良かった。とか

後悔ばかりが浮かんでくる。

 

でも、たくさん嫌な面も見てきたけど

思い出すことが多いのは

優しかった時、笑ってる時、頼もしい時…

そして

病床で最期が近付く中で

父は意識も無いのに

たくさん会話しているような

不思議な気持ち、空間に満たされていた時…

 

 

きっと今も、父は

私たち家族を愛し、心配し

ただ不器用さゆえに

「しっかりしろや〜!」と

怒ってるに違いない(笑)

 

 

たまに夢に出てきてくれる父は

思い出の中の父と変わらない姿で…

 

夢で会えることが嬉しい反面

 

あの時から、ずっと

歳をとらないことが切ないのです。