蒼月るちるの雑多ブログ

〜Twitterみたいに〜

父との繋がり

 

父が亡くなって

もう少しで8年が経つ。

 

 

私は自他ともに認める母親似で

小さい頃から『お母さんにそっくり』

としか言われたことがなかった。

 

もちろん外見だけでも

細かいところで

「ここは父親からだなぁ」と

思うところはちらほらとあるのだけど

パッと見やら雰囲気やらは

どうにもこうにも母親似で(笑)

 

そんな中で一度だけ

『父にそっくり』と言われた時がある。

 

奇しくも、それは

父の葬儀でのことだった。

 

 

 

有り難いことに

会社の方たちが大勢ご列席くださり

母と二人、ちょっと呆然としたほど…

 

母と私と忙しく動く中で

最後まで残ってくださっていた

父と同じ部署の方たち。

 

たまたま部屋に

私とその部署の方たちだけになった時

向こうから話し掛けてきてくださった。

 

『〇〇さんの娘さんですか?』(〇〇は名字)

 

喪主はもちろん母なのだけど

私も施主として腰に喪章を着けていたので

話し掛けてくださったのだと

最初は思っていた。

 

父の部下で大変お世話になった…

厳しいが優しく、よく笑ってた…と

 

家に居るときはとことん厳しく

あまり笑わない人だったので

父の意外な一面を垣間見た気がして

驚きと嬉しさと、切ない思いで

心が一瞬でいっぱいになり

涙が出そうになった。

 

でも、その時はグッと堪えた。

 

列席いただいたこと、お話くださったこと

全て含め、ただただ

『ありがとうございます。』と

言うことしか出来なくて…

 

そしたら、ふと

『やっぱり…笑った顔が〇〇さんそっくり』

 

なんだか、すごく嬉しいけど

初めてのことに照れくさくなった(笑)

 

それに、今度は本気で泣きそうになった。

 

初めて父に似ていると言われた…

父の、葬儀で…

 

喜びと悲しみが一気に押し寄せる。

 

 

後から思えば『やっぱり』という言葉から

似ているから声を掛けてくれたのだと

思えなくもない。

 

(細身の父とは体型が違いすぎるけど)

なんだ、顔は似てたりするのか…と

なんだか父を近く感じた。

 

 

今も、父ともっともっと

仲良くしていれば良かった。とか

たくさん話をしておけば良かった。とか

後悔ばかりが浮かんでくる。

 

でも、たくさん嫌な面も見てきたけど

思い出すことが多いのは

優しかった時、笑ってる時、頼もしい時…

そして

病床で最期が近付く中で

父は意識も無いのに

たくさん会話しているような

不思議な気持ち、空間に満たされていた時…

 

 

きっと今も、父は

私たち家族を愛し、心配し

ただ不器用さゆえに

「しっかりしろや〜!」と

怒ってるに違いない(笑)

 

 

たまに夢に出てきてくれる父は

思い出の中の父と変わらない姿で…

 

夢で会えることが嬉しい反面

 

あの時から、ずっと

歳をとらないことが切ないのです。

 

 

 

変わってる、よね。

 

明けましておめでとうございます。

本年もゆるりと、よろしくお願いいたします。

 

 

さて、またヅカ話。

色々と考えてたら…やっぱ自分

宝塚のファンとしても

変わってるんやない?と思いまして。

 

 

最初に考えたのが↓コレ。

 

好きなればこそ、弱い部分や

ダメな部分を理解し認めた上で

それでも応援したい派…なこと。

 

はっきり言ってしまうと

現OGの贔屓はお歌がダメでした。

下手というより声質(?)が特徴的で…

音は外さないんですけどねー

男役としては微妙だったと思ってます。

 

※卒業後のファンミやミニライブなどで

歌を聞くと「やっぱり弱い…」と思いつつ

気持ちがスゴく込もっているので

毎回、泣かされてます(笑)

 

 

贔屓目でも甘々に見ても、お歌はダメ…

芝居は弱い、ただダンスは上手い!

単純に、私は惚れた。それだけ。

下手だとか弱いと言われる部分を

否定しないし、出来ないし

むしろ、しようと思わない。

『そうなんですよ…』

『でも、私は大好きなんですよね〜』

っていう感じ。

 

お歌が…芝居が…ダンスが…って言われて

本人比では上手くなった!とか

頑張ってますから!と

下手に擁護するのでは無く…

(努力を認めた上で!)

『そうなんですよね〜』って言えたら

変な歪みも無くなるだろうに、とか。

 

 

そこから更に考えたのが↓コレ。

 

人間なら誰しも

『生理的に無理』って

あるじゃないですか…?

 

タカラジェンヌだって

職業柄(?)はフェアリーですけど

中身はやっぱり人間ですから…

 

私の大好きなあの人やこの人や

どの人にだって、苦手に思ったり

無理だな…って感じたりする人は

必ず居るだろうってこと。

 

歌、ダンス、芝居のクセであったり

声質やメイクなどなど

『無理だ…受け付けない…』なんて

あって当たり前だろうと。

 

 

私は宝塚が大好きだし

ジェンヌさんのことは皆さんを

応援はしています。

 

…が!

 

正直に…いや、ぶっちゃけて言えば

苦手な人が居ない(居なかった)訳では

ないのですよね。

 

だからっておおっぴらに

声高に表明したりはしませんが。

 

一つ、例をあげるなら

特定の人では無い所ですと…

私は『雪組歌唱』が苦手でした。

 

 

ま、例えるなら

今の私が非の打ち所が無いよな〜

と思うジェンヌさんの一人に

こっちゃん(礼 真琴)が居ますが

きっと“世の中”には

苦手に思う人も居るでしょう。

 

今、私の中で

推しから贔屓になろうとしてる

ちなっちゃん(鳳月 杏)にだって

生理的に無理な人が居るでしょう。

 

でも、それは仕方ないというか

本当に当たり前のことで。

 

詰まるところ

『自分がその人を大好き』なら

それだけで十分だな、って。

 

もちろん同じ思いを共有し

共感できる人もたくさん居て

その言葉や思いの中に浸って

幸せを噛み締めてますし

そういうのはスゴく有り難いです。

 

でも

 

たとえ同じジェンヌさんを好きでも

ここは同意!ここは……。って

あって然るべきというか

 

惚れポイントって

人の数だけあると思ってるんですよ。

 

で、それで良くない?って…

『好き』は同じなら良くない?って…

 

 

応援の仕方、好きの表し方も

出来る範囲も人それぞれですし

 

どこか(誰か)に『好き』と

思えているなら、それで良いじゃない?

 

とか、思ったりなんだり…

 

 

なんか纏まらなくなっちゃった(汗)

 

とにかく『自分が誰か(何か)を大好き』なら

そして、その気持ちを共有して

共感し合える人が居るなら、それだけで良いし

わざわざ嫌いor苦手な人を出してまで

好きな人を上げる必要はないし

人の好き嫌いにとやかく言わなくて

良いんじゃないかなぁ、と。

 

 

私はちなちゃんが大好きだから

私なりの、私に出来る範囲の応援を

黙々としていくだけだし。

 

好きなら、それで良いやん♪

 

 

 

2018年、締め。

今年の前半と後半で

自分の周りと自分の内面との両方に

なにかと変化があった一年でした。

 

お陰で、ある意味では

とても充実しているのだけど

久々に(?)目まぐるしくもあった気がする。

 

 

6月に愛猫の内の一匹が亡くなるまで

一昨年の末から闘病が始まって以来

とにかく看病&看護&介護な日々で

 

愛猫が落ち着いてる時には

稀に観劇に行ったりもしましたし

Twitter含めネットを彷徨いたりもしたけど

 

やっぱり、どこか

『心ここにあらず』だったのかな

 

宝塚も情報収集はしていたけど

観劇に行く!とまではなれなかったり…

 

そこから、つくづく思ったのは

好きな物事=熱中できる物事

すなわち『心の逃げ場(拠り所)』は

多種多様にあると良いってこと。

 

猫さまから目が離せない時期は

どうしたって観劇に行けない。

でも、そのことに苛ついたりなんてしない。

悲しくなったりもしない。

 

もちろん、その時は

猫さまのそばに居ることが、一番の幸せで

あたたかい時間だから…なんだけど。

 

猫さまのそばに居ながらだって

好きな物を見たり幾らでもできるから。

 

TVで海外ドラマ見たり、スカステ観たり

SNSで観劇レポ見たり、白猫やってたりw

寝てはならぬ!な時期は

YouTubeの強震モニタの生配信を

延々と見てたりしたし。

 

 

その猫さまが亡くなってからは

現実逃避が激しかったけど(今もかな…)

その時も好きな物事が助けてくれた。

 

沢山の手段や場をわりと持ってるけど

それでも、まだ知らない物事ってあって

それをやってみたりして(ツイキャスね)

 

今はまた少し頭と心に

隙間や余裕が失くなってて

出来ないでいることも多いけど…

 

一番は、やっぱり私の中の拠り所

救いの頂点は『宝塚』なんだなぁ、って

そんなことを再認識したりした。

 

ライビュには初ぼっち参戦したり

舞浜まで意を決して参じてみたり

 

お陰で、またフツフツと

宝塚熱が湧いてきたりして

それと同じくして"生きる気力"なんかも

取り戻せたきがして…

 

今は、ちなっちゃんにお熱だし(古っ)

 

 

なんだかんだ

自分って幸せなんやなぁ、って。

 

ちょっと一昨日くらいから

なぜか感傷的になってるんだけどww

たまには、そういう日もあって良き…と。

 

笑って、泣いて、怒って…

それが人生ってもんよ〜って楽しんで。

 

少しずつでも変わりたいな…というか

変われるような気がする…?

 

なんか、いつか振り返った時に

また転機になったなと感じるような…

色々、ぎゅぎゅっと詰め込まれた

一年だったように思います。

 

来年は変わりたいところと

変えたくないところを大切に

久しぶりに『宝塚愛』を爆発ぎみにw

私らしく過ごせたらと思っとります。

 

激しくコミュ障な、こんな私ですが

来年もよろしくお願いいたします(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾

 

2018年…今年もありがとうございました!

 

 

ツイキャスというやつ

好奇心旺盛な質の私…。

 

たまにTLで目にしていた

「モイ!」というナゾの言葉と

ツイキャス』というナゾのやつ…

 

好奇心がくすぐられた。

 

くすぐられたからには

とりあえず、すぐさま検索!(笑)

 

へぇー、こんな世界があるのか…

 

本家サイトから

様々な種類のまとめ記事やらに目を通す。

 

ほほぅ、ラジオ配信という方法も…

 

少し悩みつつ

まずはビュワーアプリを落とす。

 

どこの何方かは分からないけど

数人のラジオ配信を聞かせていただいた。

 

くすぐられた好奇心の火は、消えなかった。

 

ビュワーアプリを落とした翌日くらいには

ライブアプリも落としてみた。

 

そして、よく分からないまま

ラジオ配信をやってみた。

 

なかなか面白かった(笑)

 

はっきり言って

未だにシステムやらを詳しくは

あまり理解していない(爆)

 

でも、今のところ楽しくやっている。

 

最初はこのブログに繋げてる

Twitter本垢で配信したのだけど

カテゴリを『お悩み相談』にしたくて

余ってた垢をキャス垢専用にして

ゆったりまったり配信している。

 

雑談のみや宝塚愛を語りたい時とかは

本垢も使う予定ではいるけどwww

 

 

基本的にお悩み相談のカテゴリで

配信する理由としては…

 

このブログの『不安発散の場』のような

心の避難所みたいに、どこかの誰かが

気兼ねなく愚痴れたり、不安を吐露できたり

主の私だけに対してじゃなく

何かを相談できるような場所を

少しでも増やしたいとかいう思いもあったり…

 

あとは単純に私の想いを話すことになるから

(雑談にしても話すネタがないから…)

結果的に私自身が救われるような気がして。

 

愚痴を聞いたり、相談を受けても

解決できます!なんて断言できないし

そんな力が自分にあるとも思ってない。

 

あくまで私の考え方を伝えることしか

私には出来ることは無いと思ってて。

それに、押し付けたくもないし…

 

ただ、一人で悩んでると考え方が

どんどん凝り固まってしまうことを知ってるから

違う人の考え方が混ざることが

イイ方向に転がる場合もあるかな…とか

発散することで共有して共感したり、されたり

そういう事でわずかでも

気持ちが軽くなってくれたら…とか。

 

noteに書いた『話すことのハードルを下げたい』

そして何でも気軽に話せる場所を増やしたい

 

こんな思いもあってキャスしてたりします。

 

が!

 

何でも話せる訳で、本当に普段は雑談…

というか、ほとんど隙あらば自分語りしてて

誰もが自由に“ゆるり”と出来たらな〜って

私が自由にやってます(笑)

 

 

現在、配信お休み中…

 

 

 

 

 

私の中に広がった波紋

 

ファンの方に対して

今までと変わらない応援をしてあげて!

という思いが一番強くあって

また、自分に重ねた部分もあるのだろうと…

それは痛いほど分かるし

色々と伝えたくなるのも分かる。

けど、なんだか

やり過ぎ感を覚えてしまって…

 

(しーらんのように

サラッと名前を出しつつも

何も語らずしてファンも引っ括めて

励ますというスマートすぎる技を

見ていた影響もあるとは思います…)

 

 

今回のブログ記事も

ファンの方の励ましになったのは

理解してますし、そこは

悪いとは全く思っていません。

 

ただ…

 

マギーが専科に移るに至った経緯と

愛ちゃんが専科に移る経緯は

まるっと同じかもしれないし

はたまた全く違うかもしれない。

 

 

(ちょっと毒づくとすれば

バリバリのスター路線と

別格スター路線とで、すでに

状況は違うような気がするので…)

 

 

それと、一番気になったのは…

たとえ愛ちゃんがマギーに

相談なり報告なりをしていたとしても

 

ああいった形で記事に取り上げられる事

名前を出されることを、本人の

愛ちゃんはどう思うのだろう、と…

 

文中にあった

『人は見たいようにしか人を見ない』

これって感じ方も考え方も

人それぞれ違うから出てくる事であって

 

愛ちゃんの“本当の気持ち”は

愛ちゃん本人にしか分からないモノ。

 

似たような立場なり状況なりを経験して

さらに同じ答えを選んでいても

その答えを出すまでに考えたことや

悩んだこと、気持ちまでもが同じなんて

無いと思うんですよね。

 

ファンの方に「専科は悪い場所じゃない」

「学びの場」だからって励ますのは

スゴく素敵だなって思います!

 

でも、愛ちゃんを励ますのは

ああいった場では、どうなのかな?と…

波紋を広げかねない気がしてしまって。

 

 

愛ちゃんは、果たして

ああして記事にされることを望んでいたのか…

それがスゴく気に掛かります。

 

 

あくまで、タイトルの通り

私の中に“勝手に”広がった波紋を

書いたものなので、たぶん

気分を害する方が多いと思います。

が!本当にこれは私個人の考え方による

気持ちの揺らぎなので…ご了承ください。

 

 

書きながら思ったことは

今の専科の在り方にも

多分に問題があるんだろうな、と。

ダンス専科、芝居専科、日舞専科なんて

専科内でさらに分かれてた時代が過ぎ

一時期の「新専科」なんていう

不思議な制度があった時期もあり

更には路線か別格かを揺らいでるスターを

専科に…なんていう“やり方”が

今の『専科』の立ち位置の曖昧さというか

不明確さや、イヤな混乱を招く《 場 》に

なったのではないかと。

 

 

因みに、私は

愛ちゃんはみっちゃんのように

活躍してくれるだろう!と期待してる派です。